ビンゴ リーチ 語源

ビンゴ リーチ 語源【ベストアンサー】Wikipediaで米国のビンゴを見てみました。http://en.wikipedia.org/wiki/Bingo_(U.S.)「リーチ」にあたる、ビンゴの一つ前の状態は”Waiting”と言うと書いてあります。欧米では

日本人はどれだけビンゴゲームが好きなのだろうか。結婚式や歓送迎会、忘年会では定番となり人集まるところにビンゴあり。デパートでは客引きの一つとして定期的に行われネットゲームなどではアイテムゲットの一手段に、雑誌

日本では麻雀から転じて、あと1個でビンゴが成立する場合はリーチと呼ぶ[3]。リーチになった時は「リーチ」と宣言するというルールもある。また、リーチが複数個出来た場合は、ダブル・リーチ、トリプル・リーチなどと呼ぶ場合

麻雀のリーチ語源が「reach」だと思っている人は、ビンゴを例にあげます。確かにビンゴで「あとひとつの状態」のことをリーチといいます。これを理由に麻雀のリーチは、「reach」が語源だと信じているようです。ビンゴに関して

日常で何気なく使用している言葉の中で、意外なところに語源があるものは少なくありません。もともとは麻雀用語だったものから派生した言葉も実はたくさんあるようです。そこで今回は、麻雀用語が語源の言葉について探ってみ

用語07・立直の意味麻雀の用語は中国語が多いと思うのですが、「リーチ」というのも、やはり中国語なのでしょうか。以前、中国に留学していた友人に聞いたところ、中国語では「立直」という字の発音は「リイチイ」だけれど

ビンゴゲームの「リーチ」を英語で?!CheckTweet石田さおりアクティブ英会話講師紹介センター代表取締役神奈川県英語講師詳しい内容を見る新規会員登録パスワードを忘れたら注目の専門家コラムランキング対象:英会話

立直(リーチ)は、麻雀において、聴牌(テンパイ)を宣言する行為、および、その宣言によって成立する役である。1翻。立直の宣言を行うことを、「立直する」「立直をかける」のように表現する。立直の宣言を行う際には、場に

ビンゴゲームで残り1つでビンゴ完成、というときに「リーチ」と言いますよね。これ、英語のreachから来てるかと思いきや実はそうではなく、麻雀の役が語源です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です