“~人生、山あり谷あり~”のコピーでタカラトミー(当時タカラ)から発売されたのは、1968年のことでした。 日本のGNP(国民総生産)が世界第2位になり、世紀の大イベント「日本万博博覧会」を2年後に控えてまさに「いざなぎ景気」に沸く、高度成長の絶頂期でした。

盤ゲームといえば、サイコロを振っていかに早くゴールを目指すかという、いわゆる”すごろく”式のゲームしか存在しなかった当時、”人生”というテーマ、自分を表すピンを刺した自動車型のコマ、ボード上の立体的な山や建物、ドル札を模したおもちゃの紙幣のやり取り、そしてなによりサイコロの代わりに回すルーレットは画期的なものとして受け入れられ、「人生ゲーム」は子供から大人まで夢中になる大ヒット商品となりました。

1960年に米国で生まれた「THE GAME OF LIFE」を原型に日本版としてつくられた「人生ゲーム」は、単に商品としての新しさだけではなく、ゲームの中で就職や結婚など人生に関わるさまざまな出来事を疑似体験し、そこに繰り広げられる波瀾万丈なもう一つの人生に一喜一憂することができるのです。しかも勝負の行方がほとんどルーレットの目にかかっているので子供も大人も対等に勝負することができ、家族や友達が顔を突き合わせて、ゲームの中だけでも運をつかんで億万長者を夢見ることができる、またプレイする度に全く違った結果になる。これが多くの人に「人生ゲーム」が親しまれてきた要因になりました。

発売から、石油ショック、バブル経済など、激動する世相を反映させながら「人生ゲーム」もリニューアルを重ね、常に話題性のあるゲームとして展開し現在までに累計1,300万個販売されるロングセラー商品になっています。

日本を代表する金融機関「三井住友フィナンシャルグループ」と人気ボードゲーム「人生ゲーム」とのコラボレーションが実現。

ゲームのルールは至ってシンプル。ルーレットを回し、出目の数だけマスを進み、マスごとに発生する様々なイベントによりプレイヤーの知力、体力、魅力値が増減。そして、3つの能力によって資産となる「アイテム」や就職に必要な「職業服」が手に入ります。金融について、楽しく面白く、学びながら総資産ランキングを競って楽しんだり。波乱万丈なマネー劇場の開幕です!

▼ダウンロードはこちらから

人生で最も重大なイベント「恋愛⇒結婚」に注目した恋愛要素(ラブタイム)が加わり、恋人とラブゲームにチャレンジ出来る「ラブチケット」を獲得し、交際、プロポーズ、結婚を経て、二人だけのゴールを目指して、これまでにはない全く新しい感覚で人生ゲームを遊んで頂けます。「恋愛」「結婚」「就職」「転職」あなたの人生に欠かせない重要な要素がたっぷりつまった「人生ゲーム 恋のルーレット編」であなたの人生、ルーレットにゆだねてみませんか?

▼ダウンロードはこちらから